ガラスの城

建築

「超高層」でもなくても外壁が全面ガラスになっているビルがどんどん増えていますね。見ているだけなら美しいし、中に居る人も大きな窓で眺めを楽しめます。

     

ガラスは重いようでいて、コンクリートなどの壁に比べると圧倒的に軽い。壁が軽ければビルの骨組みもあまり頑丈に作らずに済むし、その分、建築コストが安くなります。もちろん窓ガラスは必要なんで壁ごとガラスにすればいい。窓枠がなければガラスのたわみも少ないし、かえって割れにくい。…という理由も重なって流行っているのですね。

しかし、大丈夫?という思いが常に頭にあります。アメリカでハリケーンによってビルのガラスが割れたニュースを見たことがあります。日本で怖いのは地震ですね。

割れたガラスの破片が次々に落ちてきたら? 徒歩で移動するにもガラスの破片の上を歩かないといけないし、想像しただけでも怖ろしいことです。

割れにくいという「強化ガラス」でも時には割れるそうで、破片が飛び散ります。今は「倍強度ガラス」といって割れても破片が大きく残り落ちにくいものが使われつつあるようです。

それでもガラス製造過程でのわずかな瑕疵で、ガラスが割れてしまうという事故もありました。

Yahoo!ブログ サービス終了
Yahoo!ブログ サービス終了

いつも上を向いて歩こうというわけにいきませんが、注意するに越したことはないようです。

 

これはおまけ。

高さ305m、高層ビルの側面に全面ガラス張りの滑り台が設置される。

建築

たけぞーです。建築好き、写真好きです。
このブログも、両方の要素がクロスすればいいな、と立ち上げました。
たけぞー(takezo)が街を歩きまわるから"take-a-walk"なのです。
現在はビル設備管理の仕事をしつつ、家族が営む不動産事業をサポートしています。

たけぞーをフォローする
たけぞーをフォローする
暮らしと建てものの散歩道 == take-a-walk★net  
タイトルとURLをコピーしました