ヴィンテージ

ヴィンテージ

【建物散歩】旧渋沢家〔埼玉県深谷市〕

旧渋沢家が現存しています。渋沢栄一自身の生家ではありませんが、故郷を出て江戸、京都、パリにも滞在し、明治の東京でもいくつもの広大な屋敷を構えた栄一が、この家を懐かしんで何度も「帰って来た」そうです。
ヴィンテージ

【建物散歩】原美術館

東京品川・御殿山にある原美術館は、空間として絶品です。敷地に足を踏み入れるだけでインスパイアされるような建築です。 とても残念ですが、もう中に入ることも見ることもできません。これを書いている時点(2021年1月)で美術館としての役割を終え...
ヴィンテージ

【建物散歩】耕雲館

曹洞宗の学び舎『旃檀林』の学寮時代からの歴史を古い起源とし、関東大震災復興事業として、大正14年の大学昇格にあわせたキャンパス整備の一環としてつくられた建物で、当初は図書館として建てられました。1999年に東京都選定歴史的建造物に指定された後、現在は「禅文化歴史博物館」として内外が公開されています。
ヴィンテージ

「寅さん」の後ろ側の、後ろ側。~【建物散歩】山本亭

ほぼ一年ぶりの投稿になるのは目をつむっていただければと思いますが・・・同じ葛飾柴又から話を再開しましょう。 この記事の一つ前で、賑わう帝釈天参道の写真をご覧に入れました。それから一年の「コロナ禍」で、参道にも境内にもあまり人が来ない状況に...
ヴィンテージ

江戸東京たてもの園

小金井市にある「江戸東京たてもの園」は、元々は武蔵野郷土館としてスタートし、1992年からは、両国にある江戸東京博物館の分館という位置づけになっています。 広大な都立公園の一角とはいえ、その敷地はとんでもなく広いものです。まして、ひとつひ...
ヴィンテージ

渋谷激変1092年-2023年。

ガラスで覆われたビルが次々と建ち上がっている渋谷。2020年の東京オリンピックを目前にして今、東京で最も変化している街だといえます。 写真の左側は「渋谷ストリーム」(2018年9月開業:地上35階・180m)。右側は間もなく竣工する、「渋...
ヴィンテージ

旧岩崎邸庭園

明治、大正、昭和、平成、令和。その間、150年。 古い時代に建てられた建物が今も残り、あるいは現役として使われているのは、特に戦災や地震を経た日本としては喜ばしいこと。東京も変貌著しい都市とはいえ、そのような輝きに出会うことが、ままありま...
ヴィンテージ

建築好きに「明治村」

前回の投稿で「西郷従道邸」(重要文化財)が明治村に現存していることを書きました。   正確には「博物館 明治村」。西郷邸を含めて13もの重要文化財の他、近代産業化遺産群などが数多く集められながらも、それぞれの建造物がお互いに干渉しないほ...
ヴィンテージ

西郷従道邸

少し前の大河ドラマ「西郷どん」で関ジャニ∞の錦戸亮が演じた西郷従道(つぐみち)。隆盛の15歳年下の実弟です。 隆盛の写真は残っておらず従道などの顔を参考に肖像画に仕上げたとか。 ←従道の写真 隆盛の肖像画→ (目鼻眉のあたりはそっく...
ヴィンテージ

目黒・雅叙園 ~ 建築美の大規模集積回路

前回は「目黒富士」の話を掲載したので、目黒つながり、建築つながりで、ホテル雅叙園東京の「百段階段」を紹介しておきましょう。 1935年(昭和10年)から宴会場として建てられ、戦災や戦後の接収を生き抜いて今に残る建築物です。    この...
タイトルとURLをコピーしました