地図の愉しみ

土地や町の変化を確かめようと、インターネット検索すると高頻度で紹介をうけるのが、次の地図ソフト2つ。よくできています。地図好きにはたまりません。

「古地図With MapFan」。http://labs.mapfan.com/etc/kochizu/

画面の上が現代、下半分が江戸時代。▲▼ボタンを上下にスライドさせると、現代と江戸が軽快に切り替わります。

もう一つは、「今昔マップon the WEB」。http://ktgis.net/kjmapw/index.html

これは左右で切り替え。右の地図でピンを立てた場所(例は天王洲アイル)は、左の図にもピンが立ちます。そこが明治初期には「第四砲台(台場)」だったことがわかります。

現在の品川駅を含むこのあたりは、何もない、まさに海の中でした。地図の比較も、明治初期から現代まで数十年区分でできるようになっており、町の変化を知ることができるスグレモノです。

その他に、様々な用途の地図に簡単にたどり着けるポータルサイトもあります。地形図や、断面図の出しかたなど、なかなか濃い内容です。

「やさしいデジタル地図」 https://sites.google.com/site/dejichizu/home/kokudo

・・・こんなことをやっていると時間のたつのを忘れてしまいます。

たけぞーです。建築好き、写真好きです。
このブログも、両方の要素がクロスすればいいな、と立ち上げました。
たけぞー(takezo)が街を歩きまわるから"take-a-walk"なのです。
現在はビル設備管理の仕事をしつつ、家族が営む不動産事業をサポートしています。

たけぞーをフォローする
たけぞーをフォローする
暮らしと建てものの散歩道 == take-a-walk★net  
タイトルとURLをコピーしました