建築好きに「明治村」

ヴィンテージ

前回の投稿で「西郷従道邸」(重要文化財)が明治村に現存していることを書きました。

 

正確には「博物館 明治村」。西郷邸を含めて13もの重要文化財の他、近代産業化遺産群などが数多く集められながらも、それぞれの建造物がお互いに干渉しないほど十分に広大な敷地を有しています。実物展示の博物館でありながら、保存だけでなく、ほぼすべての建築物に「触れ」ることができますし、中に「入れ」ます。

フランク・ロイド・ライトの手になるこの旧帝国ホテルの建物も一部(中央玄関付近)とはいえ、十分に内部を堪能できますし実際にカフェとしても機能しています。

以下、写真だけアップしておきますが、建築好きにはホントたまりません。

  

設立を構想したのは建築家と実業家ですが、館長には、徳川無声、森繁久彌、小沢正一を経て、現在は阿川佐和子氏。そのせいか固い博物館ではなく、部屋や建物の貸し出し利用や撮影ロケ、テーマパークやレストラン、結婚式やコスプレ大会など、愉しみづくりにも積極的に取り組み、一日ではとても回り切れないほど。建築好きのみならず家族連れにもオススメです。

一つ一つの建築物については、そのホームページに解説がありますのでどうぞ。

博物館明治村
明治建築を保存展示する野外博物館。案内図、イベント。
ヴィンテージ

たけぞーです。建築好き、写真好きです。
このブログも、両方の要素がクロスすればいいな、と立ち上げました。
たけぞー(takezo)が街を歩きまわるから"take-a-walk"なのです。
現在はビル設備管理の仕事をしつつ、家族が営む不動産事業をサポートしています。

たけぞーをフォローする
たけぞーをフォローする
暮らしと建てものの散歩道 == take-a-walk★net  
タイトルとURLをコピーしました