旧岩崎邸庭園

ヴィンテージ

明治、大正、昭和、平成、令和。その間、150年。

古い時代に建てられた建物が今も残り、あるいは現役として使われているのは、特に戦災や地震を経た日本としては喜ばしいこと。東京も変貌著しい都市とはいえ、そのような輝きに出会うことが、ままあります。

ここに紹介するのは、三菱・岩崎財閥総帥の三代目となる岩崎久弥が、同家の迎賓館としてイギリスの建築家、ジョサイア・コンドルに設計を依頼し、1896年(明治29年)に竣工したもの。

岩崎家自身は隣接する「和館」で日常生活を送っていたとのことで、そちらもまた素晴らしいのですが、当初500坪の建物のごく一部しか残っていないのが残念。

台東区池之端。池というのは上野の不忍池のこと。池のすぐ際から立ち上がった台地の上で、この旧岩崎邸は今も輝いています。

 

東京都台東区池之端1-3−45 旧岩崎邸庭園

ヴィンテージ

たけぞーです。建築好き、写真好きです。
このブログも、両方の要素がクロスすればいいな、と立ち上げました。
たけぞー(takezo)が街を歩きまわるから"take-a-walk"なのです。
現在はビル設備管理の仕事をしつつ、家族が営む不動産事業をサポートしています。

たけぞーをフォローする
たけぞーをフォローする
暮らしと建てものの散歩道 == take-a-walk★net  
タイトルとURLをコピーしました