「寅さん」の後ろ側

建築

葛飾・柴又です。

映画「男はつらいよ」シリーズの第50作目、「おかえり寅さん」が封切られました。その少し前にも、寅さんの生まれと育ちを描いたテレビドラマ「少年寅次郎」が放映されました。

寅さんといえば、ほぼ必ず目に触れる舞台として「経栄山題経寺」があります。柴又帝釈天ですね。普通はこのあたりが写されます。

御前様(笠智衆)が堂上を歩かれ、庭男の源公(佐藤蛾次郎)が帝釈堂や本堂前を箒で掃いている・・・スクリーンに映る「書割り」舞台に慣らされてしまい、うかつにも、その「裏側」を長い間知りませんでした。知らなかった人に伝えたくて(笑)ご紹介したいと思います。

 

まず驚くべき一つ目は、帝釈堂の「裏側」の彫刻群。まさに群れです。圧巻です。あまりにも立派すぎます。

まさか小ぶり(とも思える)お堂の裏側にこのようなものがあるとは。昭和の初めごろ東京在住の名人彫刻師による「法華経」説話の競作で、畳の大きさの分厚い欅の板が精緻に、大胆に彫り込まれています。その沿革は、柴又帝釈天さん自身のホームページでご覧ください。http://www.taishakuten.or.jp/index2.html

そして驚くべきもう一つが「裏庭」です。いや裏庭というレベルではありません。正式には池泉式庭園の「邃渓園(すいけいえん)」。高名な永井楽山という造園家が、戦前から手掛け昭和40年に完成させたとのこと。

「回廊」に歩みを進めると、樹々の高低・配置・枝葉、光、影、水辺、石組みなどが次々に交錯し、数歩ごとにその印象を変え、奥深い、立体的な絵巻物が紐解かれていくようです。

これで、源公が、本堂前だけ掃くのが仕事ではなかったことがわかります。こんなに立派な庭園を維持するには「庭男」としてのお仕事も苦労が多かったんだろうな、寅さんとじゃれ合ってる時間など、ほんとうは無かったんだろうな(笑)、と。

本堂。帝釈堂の「裏側」に彫刻群。大客殿。そして庭園。ここ帝釈天には江戸時代末期から昭和にかけての寺院建築博物館といってもいいかも知れません。名大工、名彫刻師、名庭師の技の粋が詰まっています。

建築

たけぞーです。建築好き、写真好きです。
このブログも、両方の要素がクロスすればいいな、と立ち上げました。
たけぞー(takezo)が街を歩きまわるから"take-a-walk"なのです。
現在はビル設備管理の仕事をしつつ、家族が営む不動産事業をサポートしています。

たけぞーをフォローする
たけぞーをフォローする
暮らしと建てものの散歩道 == take-a-walk★net  
タイトルとURLをコピーしました